会社案内 Company

MESSAGE ごあいさつ

近年の、従来とは比較にならないほどのスピードで進む時代の変化は、次々と様々な製品や新しい技術を生み出し、私たちの生活様式および産業、社会においても大きな変化をもたらしております。

このように進化し続ける先進技術や、働き方改革など多様化する社会のニーズに対して、そこに最適な答えを常に追求し続け、どんな時代であっても社会からの要請に応えられる企業であることが、インフラや建設現場を支える成田鋼業の社会的な使命であると考えています。

成田鋼業は、長らくスチール事業と住宅足場事業という2つの事業を基本の柱として、堅実かつ着実に成長してまいりました。今後は、このような時代の変化に対応すべく、本業であるスチール事業と住宅足場事業を基本としつつも、派生する事業に進出して新たな事業の柱に育て上げたいと考えております。そして、そこから生まれる新たな強みが社会の新しい価値になるように、常に情報感度を高め、未知の領域に挑戦していく所存です。

1947年(昭和22年)の創業以来、成田鋼業は「信用」と「堅実」を旨とし、「良質な製品」と「安全・安心」を提供することを基本として、お客様そして地域の皆様とともに地道に歩んでまいりました。そして、お客様からの高い評価と全幅の信頼が成田鋼業にとっての最大の財産であり、それはこれからも変わりません。

これからも基本を大切にし、お客様のあらゆるニーズに迅速かつ柔軟にお応えしながら、次の時代に進むべく、全社員で努力を続けてまいります。今後とも、成田鋼業への皆様の変わらぬお引き立てを心からお願い申し上げます。

代表取締役社長 成田春樹

PHILOSOPHY 経営理念

  • 科学性私たちは、共創を通じ「つくるを支える技術」で革新的歩みを続けます。
  • 社会性私たちは、品質と信頼性の追求で、地域社会に貢献します。
  • 人間性私たちは、尊重・感謝・学びの心を忘れず、日々成長し続けます。

SDGs SDGsの取り組み

SDGs
decoration
decoration
decoration
decoration

SDGs
SDGs 株式会社成田鋼業 2022年6月15日

SDGsとは、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」です。17の目標と169のターゲットから構成されており、
2030年の達成に向けて国・企業・個人など、様々なレベルでの取組みが求められています。

労働環境の整備

  • ・適正な労働時間、休日取得の推奨
  • ・ハラスメント及び各種差別をなくす取組
  • ・女性、外国人等多様な人材が活躍できる雇用・勤務形態の整備
  • ・従業員の健康維持・増進への取組
労働環境の整備

製品・サービスに対する品質向上・安全性の取組

  • ・ISO9001認証取得による高い品質と安全性の維持
  • ・お客さまに寄り添った付加価値の高い商品とサービスの提供
  • ・事故や災害等に対するBCPを策定し事業の安定性を強化
製品・サービスに対する品質向上・安全性の取組

環境保全への取組

  • ・省エネ、再エネ等によるCO2削減
  • ・社内業務における紙、プラスチック使用量の削減
  • ・廃棄物の適切な分別による3Rの推進
環境保全への取組

地域社会への貢献

  • ・地域行事への協賛や出展を通じた地域社会活性化への貢献
  • ・地元人材の積極的な雇用
  • ・地元のサプライヤー活用による地域経済成長への貢献
地域社会への貢献
GOALS

SDGsとは、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」です。
17の目標と169のターゲットから構成されており、2030年の達成に向けて国・企業・個人など、様々なレベルでの取組みが求められています。

PROFILE 会社概要

会社名 株式会社 成田鋼業
設 立 昭和30年8月16日(創業:昭和22年8月1日)
資本金 1,000万円
役 員 代表取締役: 成田春樹
取締役: 宮内智彦、安田恵美子、小野千春、畑山秀義
従業員 45名(パート従業員含む)
取引先銀行 常陽銀行
宮城第一信用金庫
商工中金
日本政策金融公庫
所在地

■ 本社
〒984-0821 宮城県仙台市若林区中倉2丁目24-5
TEL:022-235-5555

事業内容 ■ スチール事業
  1.天井・橋形他各種クレーンの設計製作
  2.産業用搬送機械の設計製作
  3.鋼管重軽量鉄骨・製罐
■ 住宅足場事業
  1.ビケ足場の販売、レンタル工事の施工
  2.建設用資材の販売及びレンタル
  3.上記に付帯する一切の事業
■ 不動産事業 成田ハイツ賃貸管理
■ 太陽光発電事業 太陽光発電の販売

HISTORY 沿革

1947年(昭和22年)8月 工作・産業機械製作修理を目的とし、仙台市西新丁5-2に個人経営による成田製作所を設立
1948年(昭和23年)10月 国鉄の鋼体化5か年計画に参画、車両部分の製作
盛岡・仙台など各国鉄工機部に納品
1955年(昭和30年)8月 事業の進展に伴い、株式会社成田製作所を設立
1961年(昭和36年)12月 現在地に本社工場移転
1964年(昭和39年)10月 鐵構事業部を新設
1971年(昭和46年)1月 東建リース鋼業株式会社を新設、名取工場を新設
1971年(昭和46年)4月 宮城労働基準局よりホイストクレーン製造許可
1978年(昭和53年)12月 成田ハイツ賃貸マンション完成
1980年(昭和55年)7月 株式会社成田製作所と東建リース鋼業株式会社を合併
株式会社成田鋼業とする
1986年(昭和61年)12月 住宅足場事業部を新設
1992年(平成4年)2月 仙北SCを美里町(旧小牛田町)に新設
1994年(平成6年)10月 前沢SCを岩手県奥州市前沢区(旧前沢町)に新設
2009年(平成21年)3月 ISO9001:2000の認証取得
2009年(平成21年)12月 「経年仮設機材の管理に関する技術基準」適合の指定工場認定の更新が完了
2010年(平成22年)2月 ISO9001:2008への認証改訂が完了
2010年(平成22年)3月 一般建設業「鋼構造物工事業」「機械器具設置工事業」を更新し、新たに「とび・土工工事業」と「電気工事業」を追加
2011年(平成23年)3月 平成23年3月11日東日本大震災により本社建物が損壊
名取工場は津波被害にて事務所・現寸場が減失、工場機器等損壊
インフラ遮断その後、仮設事務所設置、発電機による仮設電源にて業務開始、7月に電気、11月に電話が復旧し、並行して機材類の入れ替えなどを行う
2012年(平成24年)3月 ISO9001:2008への更新審査が完了
2012年(平成24年)3月 名取工場内に名取事務所を新設設置、インフラも全て復旧となる
2013年(平成25年)1月 太陽光発電事業の公式発表を行う(名取1,500kwその他270kw)
2015年(平成27年)3月 ISO9001:2008への更新審査が完了
2017年(平成29年)12月 一般建設業「鋼構造物工事業」「機械器具設置工事業」「とび・土工工事業」を更新
2020年(令和2年)2月 一般建設業「鋼構造物工事業」「機械器具設置工事業」「とび・土工工事業」を更新
2020年(令和2年)5月 自社所有アパートDear court NS完成
2021年(令和3年)2月 ISO9001:2015への認証改訂が完了 認証登録番号05159
2023年(令和5年)3月 健康経営優良法人2023(中小規模法人)認定取得

ACCESS MAP アクセスマップ

統括・総務・経理(本社)

統括・総務・経理(本社)
【住所】
宮城県仙台市若林区中倉二丁目24-5
【電話番号】
022-235-5555
【FAX番号】
022-235-5560

スチール事業部(名取工場)

スチール事業部(名取工場)
【住所】
宮城県名取市下増田字広浦35
【電話番号】
022-384-3824
【FAX番号】
022-382-5586

住宅足場事業部(仙台SC)

住宅足場事業部(仙台SC
【住所】
宮城県名取市下増田字広浦35
【電話番号】
022-382-0166 
【FAX番号】
022-382-5586

住宅足場事業部(仙北SC)

住宅足場事業部(仙北SC)
【住所】
宮城県遠田郡美里町牛飼字清水江265-1
【電話番号】
0229-32-2186
【FAX番号】
0229-32-2187

住宅足場事業部(前沢SC)

住宅足場事業部(前沢SC
【住所】
岩手県奥州市前沢本杉61-6
【電話番号】
0197-56-2315
【FAX番号】
0197-56-2890

不動産事業部(本社/成田ハイツ)

不動産事業部(本社/成田ハイツ)
【住所】
宮城県仙台市若林区中倉二丁目24-5
【電話番号】
022-235-5555
【FAX番号】
022-235-5560